平成26年度(第24回)農業農村整備事業
広報大賞特別賞を受賞

2015/03/09

農業農村整備事業において、その意義・役割・効果等の情報を、農家のみならず地域住民、都市住民、さらには広く国民に、正確により早く情報発信し、その理解を得るための「広報活動」の必要性、重要性は極めて高くなってきています。
 全国農村振興技術連盟では農村振興に携わっている各組織に「広報活動」の励みとなるよう「農業農村整備事業広報大賞」を設け、概ね過去1年間に実施された各種広報活動の中から、様々な制約の中で創意工夫がなされ、特にその成果が優れていると認められるものについて表彰することとしています。
 この度、佐野藤三郎記念シンポジウム実行委員会(事務局:亀田郷土地改良区)が以下の通り評価され、農業農村整備事業広報大賞の特別賞を受賞しました。

 ◇受賞理由
  ・各界の呼びかけにより実行委員会が立ち上がっている。
  ・多数の団体および一般住民の参加が認められる。
  ・地元紙に大きく取り上げられていることが認められる。
  ・新聞記事等の報告がある。


平成26年度農業農村整備事業広報大賞ホームページ(全国農村振興技術連盟)
受賞団体の一覧がごらんいただけます


佐野藤三郎 記念シンポジウム開催報告はこちら